まるちゃんのえくぼ

まるちゃんにまるまるする日常

完全生産限定盤

元気コンのDVD、詳細出ましたね(*´ω`*)
どうやらオーラスが本編になるようで…

正直、オーラスで全員揃わなかったことを知った時、DVD出るの遅くなりそうだな、と予想はしていました。
大抵はオーラスを映像化していますし、事前にどの公演を映像化するか決めた上でツアーを行っているので、他の公演を通しでまるっと映像化するのは厳しいだろうな、と。
ゆえに、曲ごとに色々な公演の映像を継ぎ接ぎするのに時間がかかるだろうな、と。

でも、いつもより発売まで時間がかかったのに、本編はオーラス。
色々考えちゃいますよね。

他の公演で本編を繋ごうとしたけどどう頑張っても無理だったのかな、とか。
やっぱり予定通りオーラスでしか本編は残せないけど、7人全員揃っていないものを映像化して、ファンはもちろんたっちょんは悲しくならないか心配だったのかな、とか。

複数公演の継ぎ接ぎ編集でDVDの発売が遅くなったのなら「やっぱり…」となるのですが、結局オーラスを本編にするなら、色々な葛藤や迷いがなければもう少し早く発売していたのではないかな、と思うのです。
まぁ、あの、あくまで私個人の見解なので、本当のところは彼らにしかわかりませんが。

そして完全生産限定。
これって、「多くのたくさんの方へ」というよりは「オーラスの、6人の映像だけど、それでもいいと言ってくれる方へ」っていう意味のような気がしてしまうんですよね。
そう考えると、もしかしたら発売しないっていう選択肢もあったのかもしれない、と思ってしまいました。
私がたっちょんなら、自分のいない公演が映像として残るのはとっても悔しいし、私がメンバーだったとしても、仲間が1人いないものを残すのは凄く悔しいです。
自分たちだけの問題なら、無理して映像化しなくても…なんて思ってしまいますが、それでもファンが待っていてくれるかもしれないという思いから、完全生産限定という形で発売することを決めたのかもしれません。

自担のいないDVDというのがどれほど寂しいか、と考えると、今回のLIVEDVDに対しては様々な意見があるとは思います。
彼らもきっと、そのたくさんの意見を予想した上で、それでも待っていてくれるファンがいるなら、という思いで決断してくれたのかな、と思っています。
どんな決断をしようとも、必ずマイナスの意見が出てくるのは仕方ないですもんね。
そんな、色んな葛藤の中で、DVD発売を決めてくれただけでも、私は凄くありがたいです。

きっと、彼らのことです。
たっちょんを補充するための何かしらは考えてくれていると思うのです。
彼らは、eighterを悲しませることはしません。
笑顔をたくさん分けてくれる彼らに、わかりやすくお返しするとしたら、まずはDVD予約しなきゃ!と個人的には思っています。

そんなわけでDVD、Blu-ray共に予約してきまーす◟(๑•͈ᴗ•͈)◞