読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるちゃんのえくぼ

まるちゃんにまるまるする日常

やまだの沼って繋がってたんだ…

この前、久しぶりにDIVE→ダブル→蹴鞠師と見ておりまして。

そういえば私がやすだ沼に落ちかけたというか、山田担になった最初のきっかけがここだったなと思い、ちょっと当時を思い出してみることにしますね( ¨̮ )

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前も書いた通り、まるちゃんとの出会いは歌のおにいさんでして。

当時先輩eighterちゃんに、

まるちゃんに恋をしました!

とお伝えしたところ、excite!をオススメされたのですが、まずは直近から…という自己判断で47を購入し、見始めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんていうか、初心者にexcite!はちゃうかな…と( ・ᴗ・ )

きっと、彼女は古くからのeighterさんだったため、excite!への想いが強いんやなと思っておりました。

内くんもいてるし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、よくよく考えたら、山田の手紙が入ってるんですよね!

もしかしたら、その頃から私の山田落ちを予期していたのか…いなかったのか…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、そんな中ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この子可愛い!!

とにかくビジュが可愛い!

女の子みたい!

声高い!

歌上手い!

わたし鏡?!

何?!?!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

となったのが、安田章大

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまたお友達に、

ヤスくんが可愛くて可愛くて…(涙)

※当時はヤスくん呼び

と訴えたところ、自転車少年期とDIVE/ダブル/蹴鞠師BOXセットを貸してくれまして。

 

 

そりゃもう、山田祭りですよ(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自転車少年期はもう言うまでもないのですが、DIVEを見たときに、ヤスくんいい身体してるな〜、思いの外飛び込み綺麗だな〜(*´ω`*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんてところから、危うくうっかりやすだ沼に落ちそうになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

が、何と言っても私がまるやま沼に落ちたのが2009年。

あの辺から2〜3年のまるちゃん、神がかって最強じゃないですか!?(と言うかメンバー全員あの時期は最強だった…)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そりゃ、やすだ沼を淵から覗いて、気になって首を突っ込みはしたものの、まるやま沼に大人しく帰りますよね。まぁ、若干、浅瀬に落ちた感は否めませんが(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、その時は沼から自力で這い上がり、我がホーム沼へトボトボと帰って肩までしっかりと浸かり、まるやま沼の方で少しずつ沈んで行きました( *´艸`)

ただいま、水深2億5228万8000mの深海(沼)魚と化しています( *´艸`)

※現在も毎秒1cmずつ沈んでいます。

※たまに沼から顔を出します( ¨̮ )

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて。

そんなやすだの波にゆる〜く攻撃されていた私がいつドボンしたのかと申しますと。

実はFightの時なんです。

あら、思った以上に最近( *´艸`)

 

一度は浅瀬に転がり落ちつつも自力で這い上がり、そこから2年も経って本格的に突き落とされました( *´艸`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰にって?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そりゃぁ、安田に。。。( *´艸`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんでしょうねぇ。

 

 

 

 

まるちゃんの場合はふらっと森をお散歩していたら落とし穴のように気づかない所に沼があって、(多分まるちゃんに)スッと足を取られてうっかり沼に浸かってしまったら、案外そこが温泉のように心地が良くてのんびり浸っているうちに、じわりじわりと底なし沼の如く深く深くへと引き摺り込まれ…←もはやホラーw

 

てな感じで。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

章ちゃんの場合はスッと足を取られてとかそんな感じでもなく、ましてじわりじわりと引き摺り込まれる感じでもなく、真後ろから背中を強くドン!!!と押され、結構な深さの沼に突き落とされた感じですかね(´v`o)

 

ぎゅっとしていた目を開けたら水深432000mくらいの場所にいた…という感じです。

※わかりにくいw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく。

兎にも角にもFightの時期の章ちゃんの髪型と髪色がドストライクすぎて(※Fight for the Eight PVの髪型ではない)

章ちゃんカッコいいいいいい〜〜!!!!!!

となり、再び沼の淵に立つことになったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして私の背中を強く押して沼に突き落とした真犯人はDye D?でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正直あの曲を聴いた時、衝撃を受けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それまでも、ONEとかみかんとかプリン、オニギシ、アメちゃん、わたし鏡と章ちゃんが作った曲を順番に聴いた中で、desireを初めて聴いた時に

 

おや?👀.

なんかちょっと違うぞ。。。?

 

とは思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

渋やんのちょっと大人な歌詞の影響もあったのかもしれませんが、おやおや?と思ったのは確かです。

でも浅い私は、当時はその程度。

(しかもeighterになってから遡った曲達だったので)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後披露される曲もKicyu、Snow White、アイライロ、TOPOP、って!!!!!!!などなど、章ちゃんだなぁって思う曲が多かったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中2011年のアルバムFightに収録されていたのがDye D?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上に挙げた曲の流れからのDye D?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

伝わりますか?

この衝撃!!!!!

夜な夜な☆ヨーNIGHTはこの際一旦置いておきます(>人<;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正直当時の曲はあまり…
という方には、クルトンとかアイスクリーム、all is wellなんかを作った人がBlack of nightを作ったと言えばなんとなく伝わりますかね?👀.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポップでロックな曲が多く、時々可愛らしいラブソングにdesireのようなバラード。

そんな概ね陽(ちょっと陰)なイメージの章ちゃんがDye D?で闇を見せてきた!!!と思ったのです(´;ω;`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんていうか、底知れない才能をみたというより、真っ暗な深い沼の底に突き落とされた感覚でした。

 

 

 

本気で一瞬、章ちゃんの顔が見えないくらい真っ暗になりました(※not立ちくらみw)

 

 

 

章ちゃんて異次元の穴でもあいてるんじゃなかろうかと衝撃を受けたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関ジャニ通信か何かで仰っていましたが、歌割りにも拘りがありまして。

 

 

 

 

 

 

 

 

主メロの渋やんと横丸のboom boom boom♪は初めから決めていて。

 

それありきでバランスを考えた上でインパクトのある声が欲しいからと、イントロ終わりのBイントロ一番最初の日本語詞は信ちゃんを割り振り。

 

倉丸パートはいつも下ハモをやっている2人でハモらせたかったからまるちゃん主メロで大倉が下ハモ、さらにあそこは亮ちゃんが一番最初の方が聴いたファンはゾクゾクするんちゃうかという理由でイントロは亮ちゃん始まり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな計算し尽くした計算高い天然(←ちょっと意味が違うw)という得体の知れない生き物に惹かれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも、eighterになってすぐにやすだ沼の浅瀬に落ちた経緯があるため、元々やまだ担ではあったんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お友達にも

ヤスくんが。。。(涙)

まるちゃんが。。。(涙)

と涙ながらに訴え、やまだエピソードをたくさんたくさん聞かせて頂き、やまだのあの独特な空気感の味わい方を教わってきたため、そこそこなやまだ担ではありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、あくまでまるちゃんありきのやまだ担で、もちろんそれはいつまでも変わることはないのですが、まるちゃんと一緒の章ちゃんではなく、安田章大単体としてここまで興味を示したのが初めてだったのです(●⁰⃚⃙̴v⁰⃚⃙̴●)💕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこから章ちゃんの味わい方を学んでいきまして、こうして現在のやまだ担が出来上がったわけです( *´艸`)

 

 

 

 

 

 

とは言っても、当時既にまるやま沼の永住権を獲得してしまっていた私は、やすだ沼に永住することはなく、むしろ突き落とされたやすだ沼を横に掘ってみたら実はまるやま沼に繋がっていた…くらいの感じです。

(やすだ沼にも落ちてみて初めて気づいた、やまだの深さが意外と衝撃的だった)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普段は気が向いた時にまるやま沼からひょっこり顔を出し、やすだ沼の淵から中を覗き込んでいますが、ちょっとやすだ熱を拗らせるとすぐに潜ります( ¨̮ )

 

 

 

 

 

そして数年に一度の大きなやすだ波が来るときは、実は繋がっていたまるやま沼とやすだ沼の穴を通じて、そのまま引き潮のように引き摺り込まれてしまいます(*º∀º*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも安心してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まるちゃんは必ず引き戻しに来るんです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何かしらの形で!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここがまるやま沼の恐ろしいところです😱

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

必ずや、やって来るので、まるたーのみなさん。

覚悟しておいた方がいいよ!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の時も、パッチ→ギルバート→ワイルド7→BOBの流れだったので、そもそもギルバートの余韻冷めやらぬ時にやすだ沼にがっつり落ちた、と思ったらワイルド7がやってきてすぐさま這い上がって顔を出しました。

 

 

 

 

そしたらストナイ、オーパーツ、BOBがやってきたので、すぐ沼から飛び出し、まるやま沼の底へ帰って行きましたからね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きっとみなさんも引き戻されるに違いありませんので、お気をつけて( *´艸`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて。

そんなこんなでやすだ沼へ潜り込んだきっかけを思い返しながら書いてみましたが、ちょっと話が纏まらず、結局まるやま担だよ!ということに落ち着いてしまったので、この辺でドロンします……逃◟(๑•͈ᴗ•͈)◞