まるちゃんのえくぼ

まるちゃんにまるまるする日常

まだまだ吐き出したりない感情

先のブログで、結構吐き出したつもりではあるんですけど、まだまだ残ってる感情がありました(´∀`*)

 

 

 

 

もうこれは、想像というか妄想の域に入っていて某SNSでは呟けないので、ここでちょろっと。

 

 

 

 

ちなみに、自分の気持ちが整理できるまではきっと、あれも言いたい、これも言いたいとなってしまうと思うので、色々と考え始めたらここで吐き出すと思います。

その度にブログ読むの気をつけてください…なんて前置きはあれなので、ここに追記していきます。

文章も時系列もなにもかもぐちゃぐちゃになりますが、あくまで私の心と頭の整理のための物置だと思ってください⑅◡̈*

なので、意見や考え方の違いに嫌な思いをされる方はいらっしゃると思います。

ここから先は、自己責任でお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すばるくんの退所会見のとき、入院して欠席した章ちゃんのこと、一瞬仮病じゃないかって思ったの私だけですか…👀.

いや、これは多分、私の希望も含まれているとは思うんですが。

実はすばるくんが辞めることに納得できずに会見を欠席したんじゃないかとか、ショックのあまり会見には出られないって思ったんじゃないかとか、大倉以上に『自分勝手やで!!!』って怒って、『そんなん絶対行けへんわ!』ってガチでキレたんじゃないかとか、勝手にちょっと考えてしまいました( *´艸`)

 

 

 

 

 

でも、今朝のサタプラでまるちゃんが言っていたメガネの理由。
( ˊ.♡ ˋ*)ヤスいつもメガネしてるんすよ。あ〜…で…出席…できなかった…まぁ、一緒に…って…
その言葉を聞いて、あ、やっぱ本当に入院してたよね、そうだよねってなって。
勝手なこと考えてごめんね、背中大丈夫?章ちゃん元気??ってなりました(笑)

 

 

 

 

 

 

きっと、章ちゃんはなんやかんやで背中を押してあげるんだとは思いますけど、でも、やっぱり『会見なんて出るわけないやろ!』って言うくらい、『嫌だ』ってすばるくんの退所を断固拒否してくれる人が彼の身近な存在の中に欲しかったんですね、私。

メンバーでの話し合いの詳細をファンに教えるべきではないだろうから彼らは何も言わないけど、少なからず揉めててほしいなと。

信ちゃんが言ってたみたいに『一度も揉めることがなければ、なんやねん!と憤ることもなかった』のが、メンバー全員だったら悲しい。

誰か1人、2人くらいは『ふざけんなや!』って、自分の感情剥き出しに怒っててほしいなって思いました。

 

 

 

 

 

たつが『俺らの人生が変わるかもしれないのに』って聞いたのも、本当にその通りだなぁと思います。

すばるくんがいなくなることで、6人の人生が変わるかもしれない。それは、グループとしての仕事の契約が変わってしまうかもしれないこととか、ツアーの編成のこととか、むしろグループの活動そのもののこととか。

メンバーが辞めても変わらず続くグループもあれば、ダメになってしまうグループもあるわけで。

自分たちが今、どっちに転ぶかわからない状況でその言葉を素直にすばるくんにぶつけてくれたたつには感謝したいくらいですね。

それでも『自分の人生を優先させてもらう』と言い切ったすばるくんに対して逆ギレみたいに、"すばるくんがそこまで言うなら、自分たちはすばるくんが悔しがるぐらい活躍してやる"って思っててほしいな、と思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから、夏から6人体制になることに対して色々見聞きした意見について。

"すばるくんが夏のツアーまでは責任持ってやるって言っていたのになんで出させてくれないの"

"夏のツアーに出ないって決めたのがすばるくん本人じゃないなら納得できない"

"退所の発表は夏のツアーが終わってからでも良かったんじゃないか"

"15周年も控えているんだから、あと1年どうにかならなかったの"

 

 

 

それぞれの言いたいことはすごくわかります。

私も最初はそう思いました。

でも、私なりに考えて咀嚼した結果。

すばるくんの性格上、辞めることが決まっているのにそれを隠してツアーに集中できるほど彼は器用じゃない。

そして、芸能界で生きる人間だからこそ、CMやらなんやら、沢山の企業との契約があるはずですし、その契約を終了するまでにはそれなりの時間が必要なはずです。

例え内々で話をして契約を整理したとしても、今回のように公式発表の前に勝手に報道されてしまう可能性もあります。そう考えると早めに公式で発表してしまってむしろ良かったのでは、と思います。

夏のツアーからすばるくんがいないのも、ある意味仕方がないことかもしれません。

もちろん私だって、あのジャムコンがすばるくんの関ジャニ∞として聴ける最後の歌だったなんて信じたくありません。できるなら夏も聴きたいし、これから先もずっと聴きたかった。

でも、これは完全に憶測の域でしかありませんが。

すばるくんが辞めることは変わらない事実として夏コンをやるということは、いわゆるすばるくんの卒業公演になってしまいます。

そしたらメンバーもファンも、このツアーが終わったらすばるくんと一緒に居られる時間がなくなってしまう、という気持ちの方が大きく膨らんでしまうかもしれませんし、下手したらメンバーがそれこそ完全燃焼してしまうかもしれません。もしくは喪失感。

 

 

 

正直、すばるくんが辞めるのがもしこのタイミングじゃなかったら、アルバムも夏のツアーもまだ動き出して居なかったら、メンバーの対応も違ったんじゃないかと考えてしまいます。しばらく立ち止まって考える時間を持っていたかもしれないですし、もしかしたら立ち止まるだけじゃなかったかもしれません。

夏から6人体制でやると聞き、寂しくて悲しい反面、6人でも続けてくれるというわかりやすい意思表示をしてくれたことに正直安心もしました。

タイミングが少しでも違ったら、お家そのものがなくなって居たかもしれない…

そう考えるだけで、もっともっと悲しくて辛くなります。

 

 

 

 

すばるくんが居なくなる前から6人でやると決めたのは、ヨコが言っていたように『自分たちも前を向かなければ』という気持ちの表れでもあると思いますし、何より、ファンを安心させてあげたいという気持ちだと思います。

私たちが7人の関ジャニ∞を見たいと思うのと同じように、彼らだって、すばるくんがいるうちは7人の関ジャニ∞でいたかったに決まっています。

でも敢えてそうしなかったのは、eighterのためでもあり、旅立つすばるくんのためでもあり、自分たちのためでもあるんだと思います。

『6人になっても、関ジャニ∞のフロントマンがいなくなっても自分たちは関ジャニ∞を守り続ける』と、ファンにもすばるくんにも、自分たち自身に対しても宣言してくれたような気がします。

それが、今回の悲しみの中で唯一救われた点でした。

 

これ、本当にツアーも何も決まっていなくて、ただただすばるくんが辞めることだけが発表されていたら、色々と物凄く不安になっていたと思う。

正直、今でも来年のことはわからなくて不安だったりもするけど。

15周年が終わった後、彼らは何を感じて何を思っているんだろうって。

 

前に進むことを決めてくれた彼らだから、きっと、もっと楽しいことが待ってるって信じてついていくしかないし、それが、eighterで居続けるって決めた私のできる唯一のことではあるけど。

でも、まるちゃんがいつか言っていたみたいに『同じ明日はない』って、それもそうだなぁとも思っていて。

関ジャニ∞にこんな未来が待ってるなんて、あの頃は思わなかったもんなぁ。

私は7人の関ジャニ∞しか知らないけど。

内くんのことを一生懸命乗り越えてきた後の彼らしか知らないけど。乗り越えてっていうか、その事実を受け入れて咀嚼できた後の彼らって意味ね。

それでも10年近く見続けてきたもののバランスが崩れてしまうのが怖いし悲しい。

『すばるくんのいない関ジャニ∞』どころか、『すばるくんのいないジャニーズ』自体、20年前には考えもしなかったなぁ。

 

 

 

 

 

天秤の上で上手いこと水平に保っていた7個の重りのうち、1つがなくなることによってそのバランスが崩れてしまう前に、残った6個の重りでバランスを計り直せばいいんだよね。

今回、6人で夏のツアーをやるっていうことは、多分そういうことだと私は解釈しました。

 

 

 

 

 

 

 

そして、スバラジ冒頭のすばるくんの言葉。

今だけが良ければいいってわけじゃなくて。今だけが良くても6人がその後ダメになってしまったらeighterをもっと悲しませることになるし。だから、申し訳ないけどグループを守って大きく強くしていくためにこの段階から6人体制を彼らとしても取っていかないと

そう言ったすばるくんは夏のツアーを6人でやることに納得しているんだと思いますし、そもそも夏のツアーに出るって言ったのも、"動き出してしまったものを自分の決断によって途中で壊すわけにはいかない"っていう気持ちからだったんだと思うんです。
もちろん、メンバーと一緒にやりたいのもあったかもしれないですけど、自分が辞めると言ったことでツアーを中止させるわけにはいかないからツアーが終わるまでは責任を持ってやるつもりでいるし、でも今後のことを考えて自分が出ない方がいいってメンバーが決めるならその判断に任せるってことだったんだと思います。
自分がツアーに出たいか出たくないかの、感情論ではなかったんだと思います。
それは、6人でやるって決めたメンバーも同じで、すばるくんと一緒に夏のツアーをやりたいかどうかの自分たちの気持ちが大事だったのではなく、夏のツアーの後も関ジャニ∞を続けていくために今どうするかが大事だったんだと思います。それが、今回のツアーを6人でやるという結論だったんだと、そう解釈しました。

 

 


きっと、関ジャニ∞を終わらせるという選択はなかったとは思いますが、この状況で今新たな一歩を踏み出さなければ来年はどうなっているかわからない、というのも少なからず考えたような気がします。

夏のツアーを7人の関ジャニ∞最後のツアーに設定したとして、それが終わった後自分たちはどこに向かって目標をどこに設定するんだろうとか、そういうことを考えると、ファンのためというのももちろんあるけれど、"関ジャニ∞を続けていくため"に、"今"この段階で新たな一歩を踏み出すのが最善だと判断したのでしょう。
続けていく決断をした以上、それに向かって歩き出さなければ、何かを見失ってしまう、そんな気がしてしまいます。

 

 

 

 

今はまだ、7人でステージに立つことを望んでいるeighterはたくさんいるだろうけど、自分たちがその後どうなるかわからない状況でツアーを行い、それが終わった後グループがダメになってしまった時、eighterはもっと悲しむのではないか。

 

今から6人でやることで悲しませてしまうeighterはたくさんいるだろうけど、今回のツアーを成功させることが最終目標なのではなく、この先ずっと、6人になっても関ジャニ∞を続けていくことが自分たちの目標なら、立ち止まっている時間はない。

 

きっと、そんな葛藤をした上での苦渋の決断なんだと思います。

 

どっちを選択したとしても、eighterを悲しませてしまうのなら、自分たちを守る、関ジャニ∞を守ることが一番大事なのかなと、私個人としては思います。

もちろん、ファンのためを第一に考えてくれているのは間違いないと思いますが、自分たちの未来のことも考えた上での判断であってほしい。というか、自分たちの未来も大事にしてほしい。

もしかしたら、夏のツアーを7人で成功させた上でその後、6人で頑張っていけばいい、そう思う方もいらっしゃるかもしれません(いない可能性もありますが)

 

 

 

 

これも私個人の意見ですけど、人間そんなに強くないですよね(´•ω•`)

例え近くにメンバーがいて、6人で手を取り合って乗り越えようとしても、何でもかんでも乗り越えられるわけではありません。

あくまで、夏から6人体制でやると決めたのは6人であって、すばるくんはその会話を聞いていないので、すばるくんの言葉から私が想像したメンバーの気持ち以外の何物でもありませんが。

今6人で動き出さなければ、グループがダメになるかもしれないっていう気持ちは少なからずメンバーにもあったと思います。

すばるくんが『その後グループがダメになったらもっとeighterを悲しませてしまう』と口にしたように、グループがダメになってしまうかもしれないという危機感が彼にあったということは、メンバーにもあったはずです。

それをなんとか立て直すために、今から6人体制でやっていくという決断なんだと思います。

きっと、夏のツアーを成功させられたら、6人の絆ももっと強くなりますし、6人なら乗り越えられるという確信にもなると思います。

彼らは、その確信を得たかったのかな、というのと、それをすばるくんに見て欲しかったのかなと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして今朝のサタプラ冒頭でまるちゃんが今回のことについてお話しした時。

ずっと、息継ぎすらもしてないんじゃないかってくらいバーっと喋り倒す姿を見て、

生放送でちゃんと伝えたいっていう思いから、言いたいことを準備してきたのかな

うまく言えるか緊張してるのかな

ただ、まるちゃんがよく喋る時って心がスンってしてる時が多いから、心の内を覗かれないように扉を閉めてるのかな

とか思って、少し気になっちゃいました(*´ `*)

すばるくんが辞めるって決定したのが10日で、それからまだ2週間も経っていない中で心の整理なんてつくはずもないですけど。

泣くのを我慢してペラペラと喋るまるちゃんの心がまだ泣いている気がして少し心配になってしまいました。ただ、

( ˊ.♡ ˋ*)暗い話ではなく割と前向きな話で…

っていうのも本心だとは思いますし、まるちゃんなりに寂しさを隠しつつすばるくんの退所を受け入れ新しく6人でやっていくために前を向いているんだろうな、と思いました。

 

 

そんでもって、こんなにペラペラ喋っていたのに小沢さんに、『メガネなんで?』と聞かれた途端、固まって声も小さくなって黙ってしまい、実はヤスの代わりに…って話した途端真っ赤になるの、めっちゃ可愛かったですね( *´艸`)♡

関ジャニ∞ 渋谷すばる

今回のすばるくんの件で、自分の心を整理するためにこれまでの自分の頭の中の出来事とか心の中の出来事とか、全部書き出させて頂きます。

誰かに読んで欲しいわけでも、後で自分で読み返したいわけでもなく、ただ、お友達とメールやLINEでやり取りするには長すぎて吐き出しきれないものをバーっと書きます。

文章めちゃくちゃだし、感じたことをそのまま書き出しているので、きっと誰かのことを傷つけてしまう可能性だったり不快にさせてしまう可能性があります。

ぜひ、ここから先は、立ち入り禁止でお願い致します(´∩ω∩`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年4月15日午前11時。
関ジャニ∞ 渋谷すばるが、事務所を退所することを発表しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正直、彼が何を言っているのか理解できず、ただただ手が震え、頭が真っ白になりました。

幸いにもこの日は仕事だったのでジャニーズ事務所からのメールには気がつかず、1人でドキドキソワソワしながら会見を待つことありませんでした。すばるくんのことが気になりつつも仕事が忙しかったため、心のざわつきを片隅に追いやることができていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっとお昼休憩に入り、スマホを起動させてすぐさますばるくんがいなくなることを知り、動悸と震えが止まりませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

事の発端は、4月12日木曜日。

某週末の雑誌予告に、『渋谷すばる 関ジャニ∞脱退へ』の文字があり、SNSがざわつきました。

適当なことを書くな、とか、これは事実だ、とか。

翌日、実際に発売された雑誌の記事の内容を何かしらのあれそれで知ったのですが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記事そのものはなんとも微妙な内容で、嘘とも本当とも思えないグレーゾーンでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、その日のまるの日。

空はいいねぇ

と載せてくれたピンクのお花と空の写真が無性に引っかかりました。

特にそれ以上の言葉もないその写真が、

離れても空と心は繋がってる

そう言っている気がしてしまったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこからは、いろんな想像をしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当にすばるくんが辞めてしまうとして、じゃあ彼がいなくなった後グループはどうなってしまうのか。

本当は全部嘘で、単なる憶測なんじゃないか。

ずーっと考えていました。

6人になるかもしれない姿も、7人のままずっと一緒にいるであろう姿も。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが、事実かもしれないと本気で思い始めたのは、『緊急記者会見を開く』という噂が出たとき。

さすがに、会見を開くとなってしまえば、辞める以外の何物でもないと思いました。

SNSでは、『お騒がせしている件は全て嘘です』って否定してくれるんじゃないかとか、『明日からツアーの申し込みが始まります』っていうお知らせなんじゃないかとか、藁にもすがるような切実な想いが溢れていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記者会見自体も嘘かもしれない…

でも、本当に記者会見を開くなら…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも、脱退というまさかの事態を、さすがにそこまででっち上げはしないのではないか。

"脱退の可能性"とかならありえないって多分笑い飛ばしてました。

ただ、脱退と言い切ってしまったことの重大さと、それが嘘だった時のそのリスクを考えると現実味があったんです。

そして、以前の先輩たちの解散報道。

とにかく嫌な予感しかせず、この時点である程度の覚悟をしようと決めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも、どうしても受け入れたくない、信じたくない思いの方が強く、ラジオですばるくんの声を聞いて落ち着こうとしました。最後にGR8ESTとツアーの予告をしてくれたことに少しだけホッとしました。

本当に辞めるなら、これを収録してる時点でもう決めているはずだし、それならアルバムもツアーもお知らせしないんじゃないか…

そうやって、少しでも心を落ち付けようと自分に言い聞かせました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、たつのラジオに切り替えて聞いていた最後のエンディング。

(`ヽ´)辞めたいと思ったこともあるし…立場的に言えないこともあって…

と言ったたつの声が震えていました。

泣いてるんだな…と思った瞬間、絶望しかありませんでした。

そもそもは、メールを読んでいて熊本大震災の当時のお話をしていたのは事実です。

でも、どこからか、いつからか、たつの言葉の先にはすばるくんを感じたんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あぁ…そっか…

本当に辞めちゃうんだ…

明日の記者会見、本当にあるんだ…

生放送のラジオでは、その感情を隠しきれなかったんだ…

 

そう思ってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日が来なければいいのに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌日仕事があるにもかかわらず、眠ることができなかった私は、今年に入ってから少しだけ引っかかっていたまるの日を読み返しました。

これは、私の受け取り方の問題で、まるちゃんにきっと他意はありません。

ただ、まるちゃん元気かな?大丈夫かな?と気になっていたものがいくつかあったのです。

多分、まるちゃん自身が意識的に言葉に意味を持たせたとかでは全くないと思います。

ただ、泣きながら喋ると声が震えるようにまるちゃんの生み出した文章がグラグラして見えたり、文字の後ろの背景のオーラというか、カラーが曇っているように私には見えたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■2/15(木)

言ってるだけじゃ何事も進まない。

時間割を変えて、前に踏み出さなきゃ

 

この時は正直、何か新しいことに挑戦するのかなと思いました。

ツアーだったり、ベースだったり、もしかしたら最近ちょこちょこ話題にする海外公演も動き出したのかな…とか。

この字面が気になったのは確かですが、お仕事のことでまるちゃんが何かに葛藤しているものだと思っていました。

どこか、変化を恐れつつも決意を固めたような、そんな気がしました。

 

 

 

 

 

 

■2/16(金)

なんだか、デビュー当時の自分を思い出したし、楽しかったし、いろんな感性が研ぎ澄まされたよぉ👍🏻

 

なんとなく、デビュー当時を思い出す理由が知りたくなったやつですね。

ただただ懐かしいなぁという感情なのか、感傷に浸っているのかが気になったのです。

(実際は多分、本当にロケが楽しくて思い出したんだとは思いますが、私が昔を思い出す時って感傷に浸っていることが多いので、気になったのです。)

 

 

 

 

 

 

 

■3/1(木)

毎回楽しんでますし、みんなジュニアの時から考えると、オトナになったなぁ〜とか、ふと思ったりもします😄

 

これも、2/16の日に感じたのと同じ理由で気になったやつですね。

 

■レンジャー追伸

夢の中で、思うように進まない、走れない、力が入らない…なんてこと、たまにあるよね。

あれって、何を暗示してんやろね。

 

何かうまくいかないことがあるのかな、また悩んじゃってるのかな、もがいているのかな…なんて思ってしまったやつです。

まるちゃん大丈夫かなぁ??なんて思っていました。

ただ、この近辺でまるちゃんが病みそうな出来事(SNSなどで煙を立てる行為)は、私が知る範囲では何もなかったと思いますし、何がまるちゃんを苦しめているんだろうと思っていました。

 

 

 

 

 

 

 

■3/5(月)

いつの間にかすぎていた月日は、自分が思っていたよりも早く、次の段階に進んでいたことに気付くものだね。

気付かない周りもあるけど、気付いた時には、もう遅いくらい最近は流れが早いよね。

 

これも、なんとなく寂しさを感じました。

声が震えるように、文字の背景がグレーなイメージ。

空が曇っていて、雨が降り出しそうな、そんな雰囲気に私には見えました。

過ぎて行く時間の流れに置き去りにされてしまうような、置いていかれるような寂しさを感じました。

 

 

 

 

 

 

 

■3/8(木)

みんなに届けるために沢山の方々が力を注いだ一作で、僕たち関ジャニ∞にとっても、挑戦したコンサートやから、今後残り続ける一枚になると思う💡

これからも、みんなに届ける愛は変わらないよ👍🏻

ここまで育ててくれてありがとうな!

まだまだ、これからもみんなと想い出を沢山作っていくから、一緒にいてね👍🏻✨✨

ぼくも、改めて何度か観たけど、いいコンサートになってると思う!

みんなにもそんな風に思って、感じてもらえてたら、これ以上に嬉しいことはないよ😊

 

追伸

言葉にならないような想いは、そのままでもいい。

いつか届くまで、行動していけばいい。

 

これはですね、何故こんなにもジャムコンにこだわるのかが気になったやつです。

これは好みの問題もあると思うのですが、個人的には冬のエイタメコンがすごく圧倒的だったので、そんなに?と思ってしまいました。

ただ、関ジャムでセッションした方々から楽曲を提供していただいたり、バンドとダンスの2部構成にしたり、照明も音も、確かに色々と挑戦していたし、新しい試みではありました。

だからまるちゃんはこういう表現をしたのだとは思いますが、私には『集大成』のような聞こえ方をしてしまい、なんで?と気になってしまったのです。

 

 

 

 

 

 

 

■4/13(金)

空はやはり良いねぇ!

 

週刊誌ですばるくん脱退の報道がされた日。

前日のざわつきを察知していたのか何も見ていなかったのかはわかりませんが。

なんとなく、切なくなってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それぞれの言葉を受け取った時、特に言葉そのものに深い何かがあるわけではなく、何もないはずの日常に(もちろんまるちゃんの日常なんて、ファンはこういう表面的な部分しか知ることはできませんが)、何があったんだろう…と少なからず思わされる空気がありました。

ただ、正直言うと、『何かあったのかな』と思ったのは事実ですが、『不穏な空気』までは感じませんでした。

まるちゃんが葛藤している理由、私が勝手に不安な心を感じてしまうその理由が、いつものように時間が経ってからわかるんだと思っていました。

何か大きな変化が起こるからこその不安なのかもしれない、だけどそれは前向きな変化だろうと、心がざわざわしつつも、それを信じて疑っていませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それなのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たった一つの噂話から唐突に不安が込み上げてきて、もう、こうなったら何を見ても何を読んでも、誰の言葉を聞いても最悪の結末に繋がっているような気さえしてしまい、ますます眠れなくなってしまいました。

でも、涙が出なかったことを考えると、やっぱりまだ、この時点では覚悟もできていなかったんだと思いますし、嘘であってくれと心の底からそう願っていたんだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に記者会見を開くのかどうか。

それさえわかれば、この話が本当かどうかがわかる。

明日になれば(この時点で日付は変わっていますが)全てがわかる。

だからこそ早く、『やっぱり嘘だった』、『会見なんてなかった』そんな状況を見て安心したかった。

でも、事実だったとしたら、明日なんて来なければいい。

今すぐ地球が爆発して、この世界が終わってしまえばいい。

そう思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結局、ほとんど眠れずに朝を迎えましたが、状況は何も変わらずでした。

まさかそんな早朝から記者会見なんてあり得るはずもなく、誰も、この出来事を否定はしてくれませんでした。

記者会見があるとしたらきっと10時とかお昼前くらいかな。

休憩に入る頃には全てが明らかになってしまっているんだな。

そう思いながら仕事へ向かいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事中、何度も気にはなりましたが、それなりに忙しかったため、なるべく考えないように頭の片隅に追いやり、ただひたすらに仕事に集中しました。

お陰で、ほんの少しだけ忘れていられたような気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ようやくお昼休憩に入ると、すぐに携帯を確認しました。きっともう答えは出ているだろうし、早く安心したい。そう思い開いたSNSで、一番最初に、フォロワーさんがとある記事をいいねをしたとの通知を発見しました。

渋谷すばる 関ジャニ∞脱退へ』

この文字を見ても、この段階ではまだ、某雑誌記事のネタか何かをいいねしたのだと思い、

いやいや、本当かどうかはまだわからないし…

と、いいねされたという記事をクリック。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

渋谷すばる 関ジャニ∞ 脱退へ

その見出しとともに表示された写真。

スーツ姿のすばるくん。

今までの雑誌、テレビ番組では見たことのない写真。

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、これ、ついさっきの写真なんだ…

そう理解するまでにしばらく時間がかかりました。

ようやくその、見たことのない写真の意味を理解し、急いで記事の詳細を読みました。

鈍器で頭を殴られたような気がしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うそでしょ…

どうしよう…

どうしよう…

なにが起きたの…

うそでしょ…

 

 

それしか出てきませんでした。

なにもわからない。

意味もわからない。

退所ってなに?

どういうこと?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただただ手が震え、頭は真っ白、泣くことさえできませんでした。

まだ午後も仕事があるしとりあえずご飯を食べなければ…とお弁当を口に運びましたが、全く味がせず少しも美味しくない、こんなご飯は初めてでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

18時頃仕事を終えると、途端に心がそわそわしてきて、早く帰って詳細をきちんと把握したいと思うのと同時に、帰ったらきっと号泣してしまうから帰りたくない…と思い、しばらく後輩と普通にお話しをしてダラダラしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意を決して帰宅し、記事の詳細を読んですぐに涙が出てきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わからない。

すばるくんが何を言いたいのか全くわからない。

何も把握できない。

ただ、辞めるという事実だけは重くのしかかってきて、心が押し潰されそうになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

webも読みました。

でも、無理でした。

 

文章だけでは何もわからない。

辞める理由がざっくり過ぎて何も伝わらない。

その詳しい部分が知りたい。

文字じゃ伝わらない。

でも映像なんて見たくない。

 

と、知りたい気持ちと拒絶の気持ちが行ったり来たり。

泣きながら、WSの録画を見たのですが。

やっぱりダメでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんで今なの?

全員で海外進出はダメだったの?

海外で音楽の勉強?なにそれ。

勉強したところで、その後はなにするの?

グループを離れなきゃいけない理由は?

関ジャニ∞では目指せないと思った理由は?

グループから1人だけの活動休止ではダメだったの?

守られてきたって思っているなら、守ろうとは思わなかったの?

全部自分の責任でやりたいってどういうこと?

音楽を作る側の人間ではない私には何を言っているのかわからない。

完成されたものを聴くことしかできない私には、その意味が何一つ理解できない。

どうして1人で行こうとするの。

どうしてメンバーも連れて行ってくれないの。

どうして一緒にいてくれないの。

全員が楽器を奏でられるようになったのは、少なからず、すばるくんのためでもあるんだよ。

ここまでどっぷりと道連れにしておいて、今更どこへ行くの。

どこにも行かないでよ。

置いて行かないでよ。

何言ってるの、すばるくん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初に溢れてきた感情は、寂しさと悲しさと、怒りでした。

大好きだったすばるくんの、

eighterーーー!!!!!

って叫ぶ声がもう二度と聞けないんだと思う悲しさ。

まるちゃんの奏でるベースを嬉しそうに全身で浴びる姿も、ちっちゃいながらもパワフルな歌声を関ジャニ∞の音で聞かせてくれる姿も、珍しく走りがちなすばるくんに、まるちゃんやたつ、章ちゃんで"戻ってこい"ってリズムを取ってくれる姿も、昔からのバンド隊3人で奏でたアドリブをこれ以上ないほど嬉しそうに聴く姿も、みんなみんな、もう二度と見ることができないんだ。

 

 

 

今はまだ、真ん中にすばるくんがいない、ぽっかりと穴が空いた7人の姿しかイメージできていないけど、きっと、不自然に真ん中にスペースを空けることはなく埋められてしまうその場所。そこにすばるくんの場所がなくなってしまうんだ。

そう思うと寂しくて悲しくて、死んでしまいたいくらいでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それと同時に、あんなにバンドにこだわり、そこまで楽器に前向きになれなかったメンバーがいる中で強行してきた部分も少なからずあったのに、今更そのメンバーを置いて1人で旅立つすばるくんに、それこそ自分勝手とかわがままとか、怒りの感情も湧きました。

 

 

それに、私のeighter人生をバッサリ切り捨てられているような気もして、『私の9年間を全否定しよったこのコ…もう、eighter辞めようかな…』とすら思ってしまいました。

もちろんすばるくを責めたいわけではありませんし、彼が私の9年間を否定してるだなんて本気で思ったりはしていません。ただ、eighterになる前から(ファンではなかったけど)見てきた20年間と、eighterになってから知った9年間、すばるくんの存在と歌声が私の耳にも心にも染み付いてしまい、それを今更奪い取る権利は彼にすらないのでは…と思ってしまったのです。この行き場のない悲しい感情を彼に八つ当たりしたかったんだと思います。

 

 

 

 

会見を見ていても、ヨコとたつはまだまだ納得しているようには思えませんでした。

 

 

すばるくんの性格を考えたらきっと、どうしようもない。それなら、応援するしかない。

という、ある種諦めのような気もしてしまいました。

 

 

納得してもしなくても、どうせ辞めてしまうなら、気持ちよく送り出してあげたい。

そんな優しさのような気がしました。

それでも、私としては、納得していない部分をメンバーが垣間見せてくれたことに少しホッとしました。

 

 

これで本当にメンバー全員が納得していて、誰一人泣くことも恨み節もなく綺麗な笑顔で会見をしていたら、それこそファンとしては置いてけぼりを食らっていた気がします。

そんなに綺麗な笑顔で笑って送り出せるまでに至った、その時間をeighterにも教えて欲しい。

そう思っていたかもしれません。

でも、彼らの中には明らかに納得できていないメンバーがいた。

それを、押し切ってまですばるくんは出て行くと言った。

納得はできなくても、友達として送り出さなきゃいけないって決めてくれたことへの感謝が、すばるくんから溢れていました。

メンバーが涙を堪えて、すばるくんが辞めることに耐えている。

必ずしも了承したとは思えませんでしたが、少なからず、彼らは、"やるからには頑張れ"としか言えなかったような気がしますし、すばるくんもそれをわかっていた気がします。

 

 

 

 

だからと言って、プライベートで連絡を取ることができるメンバーと、ファンを一緒にしないで欲しい。

もしかしたらすばるくんは、メンバーと連絡も取らない覚悟なのかもしれないけど。

私がどんなに泣いてもどんなに叫んでも、どんなに会いたいと願っても、すばるくんに会うことはできない。

すばるくんの声を聞くこともできない。

彼の言葉すらもここには届かない。

彼が世間の目に触れる場所にいてくれない限りは。

多くの人にそんな想いをさせてしまうすばるくんに、腹が立ったのも事実です。

でも、だからと言って嫌いになったかと言われたら、そうじゃない。

もっと、もっと今まで以上に大好きなんです。

だからこそ、辛いんです。

まるちゃんが、好きすぎて何も言えなかったっていう気持ち、すごく切ないなって思いました。

少しの怒りが湧いてくる私なんかよりも、まるちゃんのすばるくん愛は深すぎて言葉が出てこなかったんだろうな。

引き止めるとかそういうこと以上に、大好きですって伝えることで精一杯だったんだろうな。

会見の時のまるちゃんは、微笑んでいるというよりも、泣いていると私は思いました。

感情がぐちゃぐちゃで、心の整理ができていなくて、昔から人前で泣くことができなかったまるちゃんは、すごく切なそうに笑っていて、本当に胸が締め付けられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、私が疑問に思った内容は、すでに何度もメンバーからぶつけられていて、その度にすばるくんは首を横に振ったと、会見で知りました。

すばるくんは、じっくりひとつずつ、誠意を持って全て答えてくれていました。

それでも、教えてくれなかったこともあります。

それは、『関ジャニ∞にいる状況では自分の夢が叶えられないと思った理由』

そこだけは、どうしても読み取れませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えばこの先、すばるくんが海外で活躍して、凱旋的に帰国してくれるかもしれない。

というか、そうであってくれないと困る。

何のためにここまで悲しい思いをさせられ、苦痛を与えられたのか理解できなくなってしまう。

でも、"その時"がいつなのかもわからない。

一体何年、すばるくんの姿を見ることも声を聞くこともできないのかもわからない。

例えすばるくんの姿を見ることができるようになって、すばるくんの歌を聴くことができる未来がやってきたとしても、それはもう関ジャニ∞渋谷すばるではないんだ。

今までみたいに、メンバーとわちゃわちゃして楽しそうに笑い皺を刻んでくれるような姿をもう見ることはないんだ。

果たして、メンバーと一緒にいた時と同じ笑顔で笑ってくれるのかもわからない。

笑ってくれたとしても、見ている側の私からすると、隣にいない人たちのことを思って寂しくなると思う。

 

 

 

 

そして、すばるくんの音楽を聴いたところで、それが果たして『関ジャニ∞ではできなかったこと』なのかどうなのか、きっと、私にはわからない。

すばるくんの音楽を聴いた瞬間に、『確かにこれは関ジャニ∞ではできなかったね』、『関ジャニ∞を離れてまでやってきた意味があったね』って、そう思えるのかな、私…

その時になってもなお、『関ジャニ∞を離れなければならなかった理由って、結局なんだったの…』となってしまいそうで怖い。

それは、すばるくんの決意も、それを見届けると決めた6人の想いも全て、否定してしまうような気がするから。

本当は、音楽だけで『そっか…』と思わせてくれるのが一番だっていうのはわかってる。

でも、まだね、自信がないんだよ。

だから、すばるくんがなんとなく考え始めたところから辞めると事務所に伝えるまでの、1年ちょっとのすばるくんの頭の中での出来事を全て教えて欲しい。

 

 

 

 

2月15日に事務所に伝えるまでずっとずっと考えていたんでしょ?

きっと、メンバーにこう言われるかもしれないとか、いろんなパターンも考えて、そうやって引き止められた時に自分の心がぐらつかないかなって考えてたんでしょ?

どんな引き止められ方をしても、絶対にもう揺るがないって思ったのが、今年の1月だったんでしょ?

メンバーがすばるくんに対して聞いた言葉も、全部想定してたんでしょ?

それに対する自分なりの気持ちをずっと考えていたんでしょ?

2月に辞めるって言った時にはもう、誰の言葉も届かないくらい、心は決まっていたんでしょ?

そこまで、しっかりとした意思を固めるまでのすばるくんの葛藤も悩みも考えたことも全部、ひとつ残らず教えて欲しい。

そんなこと無理だってわかってはいるけど、多分、私が知りたいのはそこの部分。

そこがわからない限り、私はいつまでたっても、なんで?どうして?嫌や!が付き纏ってしまう気がする。

知ったところで無理かもしれないけど。

※事務所に正式に辞めるとお伝えした日=メンバーにも辞めると伝えた日と認識していますが、私としては2ヶ月で結論を出すには短すぎるのでは…と、記者会見の日からずっと思っていました。これは、あくまで想像の域を出ないので結局のところ答えは出ませんが、もしかしたらみんな、すばるくんが辞めようと思っていることはずっと前から知っていたのかもしれない…と思ったりもしました。なんとなく、ジャムコンの挨拶だったりセトリだったり、色んなものが偶然にしては凄すぎる…と、思うのと同時に、この時点で辞めることがわかっていたら、納得できるなぁ…なんて思ってしまいます。

まぁ、でも、メンバーが2月って言っているので、本当に偶然なんでしょうけど、あまりにも出来すぎたシナリオすぎて、ちょっと怖いな…とさえ思ってしまいました。

そんなこと言ったらどの曲もどの歌詞も、今の6人とすばるくんにピッタリすぎて、全部がここまでこの状況に合致するなんて、ある意味気持ち悪いなとも思います。

が、きっと歌を愛する彼だからこそ、曲にも歌詞にも愛されて、送り出されるんだろうな…なんて適当なことを今考えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも、6人で前を向くって決めてくれたメンバーに対して失礼にならないように、すばるくんのことも応援したい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、正直すば担ではなかったし、eighterになるまで、ずっとファンですらなかった。

それでも、すばるくんは特別だった。

ファンじゃない私からしても、すばるくんは特別だった。

eighterじゃなかったデビュー当時は、関ジャニ∞=渋谷すばるだったし、ジャニーズに詳しくなかった私には、Jr.時代もジャニーズ=渋谷すばるだった。

とにかくすばるくんの存在が圧倒的すぎて、愛してる愛してないの頃のすばるくんも覚えてるし、あぶない放課後の頃も、プラトニックセックスの頃も、8Jの頃も全部覚えてる。

ファンじゃなかったのに覚えてるってすごいよね。

ファンじゃない人の記憶に、ここまで入り込んでくるすばるくんの存在と圧倒的なカリスマ性が本当にすごいと今でも思う。

ただ、残念なことに、私が自分にとってすばるくんは特別だったんだって自覚したのが最近だったこと。

まるちゃんに対する好きとは全く種類が違うのに、なんでこんなにずっと何年も惹きつけられてやまないんだろうってずっと思ってた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ数年では、すばるくんが楽しそうに歌っているだけで号泣するし、すばるくんが真ん中でニコニコしているだけで号泣するし。

これまでのすばるくんでは想像できなかったからっていう部分もあったんだとは思うけど、多分、ずっと好きだったんだろうな…

すばるくんのことをJr.の頃から知っていたのにファンにならなかったのは、まるちゃんに出会ってまるたーになるためだと今でも思ってはいるけど、それでも、多分あの頃からずっとすばるくんが好きだったんだと思う。

だから、すばるくんが何処に行こうと何をしていようと、いつまでも好きなことに変わりはない。

それと同じように、関ジャニ∞のことも、メンバーのことも大好きなことに変わりはない。

だから、いつまでも『すばるくんのいない関ジャニ∞』にこだわるのも申し訳ないけど、それでもずっと、『すばるくんのいた関ジャニ∞』にもしがみついていたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8人でも7人でも6人でも、関ジャニ∞であることに変わりはない。

すばるくんがいたことは紛れもない事実で、これからすばるくんがいなくなってしまうのも、事実。

関ジャニ∞』という、関西から出てきた8人のお家を守り抜くって決めてくれたメンバーに、感謝しかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今はまだ、受け入れることも理解することも納得することもできていないし、この気持ちの整理ができるまで何年かかるのかもわからないけど。

何年もかけてゆっくり咀嚼して、心が追いつくまで、すばるくんにも関ジャニ∞にもまるちゃんにも、そばにいて欲しいなー(´∀`*)

うん。

私も、ずっとずっと、すばるくんと関ジャニ∞とまるちゃんのそばにいたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず、何も纏まらないけど、今までの私の心の過程を書き出したら少し落ち着いてきました(´∀`*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

綺麗事にはなるけど。

こう言わないと自分の心が保てないので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すばるくん、ずっとずっと大好き。

ずっと、応援してるから、その歌声が私たちに届くまで頑張って。

 

 

 

 

 

関ジャニ∞のみんな。

前を向くって決めてくれてありがとう。

これからもみんなのことが大好きだし、変わらずみんなで仲良くふざけあって、時々まじめに音楽やって、時々まじめにアイドルしてる姿を見せてください♡

 

 

 

 

まるちゃん。

今までもこれからも、ずっとずっとずーっと、死ぬまで一生大好き。

それしか言うことないくらい。

まるちゃん大好きー(´∀`*)♡

まるちゃんのえくぼ2周年

どうやら、2年前の今日、初めてブログを投稿したらしく…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:maru_maru4260:20180414201822j:image

はてなさんから、こんなメールを頂きました(´∀`*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あいも変わらず、まるちゃんまるちゃん🧡な日々を送っております。

幸せです。ありがとうございます(´∀`*)🧡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基本的にはマイペースにまるちゃんごとやらエイトごと、日常やら愚痴やらを綴っております(*ノ∀ノ)

ブログでの他のブロガーさんとの交流はなかなか持てていないため、通りすがりの方なのかちょくちょく遊びにきてくださっている方かはわかりませんが、気が向いたら時々遊びに来てください(´∀`*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今後も、無限に宜しくお願い致します(´∀`*)∞

京都旅 2.25

最終日はもともと、祇園さんへご挨拶した後嵐山を散策しようと思っておりました。

今回は、泥棒役者を観劇できますように、と祈願目的のパワースポット巡りだったため、嵐山をふら〜っとできるのはこの日しかありませんでした。

が、まさかの滞在中にご利益があるという奇跡が起きたため予定を変更し、行ける限りのお礼参りに行ってまいりました(´∀`*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは祇園さんで、いつも通りお邪魔しましたのご挨拶( ¨̮ )

その後、境内にある大国主(縁結びの神さま)で多くの方々が泥棒さんを観に行けるように願いを込めて参拝。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:maru_maru4260:20180319205933j:image

f:id:maru_maru4260:20180319212315j:image

ちなみにこのうさぎさん。

以前はお見受けしませんでしたが、今回、大国主社の鳥居前にたくさん並んでいらっしゃいまして。

まぁ、可愛らしいこと(´∀`*)♡

と、とっても気になったので、私もお納めすることに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たくさんいらっしゃるうさぎさんの中から、お顔が可愛らしい子を選び授与所へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参拝方法を巫女さんがご説明くださいまして、私の選んだうさぎさんと、願い事を書く専用の紙、丸いシールを頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

絵馬などを書くスペースにて専用の用紙に

お友達さんやフォロワーさん、他多くのまるたーさんたちが1回だけでもいいから、まるちゃんの舞台を観に行くことができますように

オレンジ色のペンで書き込みました(´∀`*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、小さく小さく丸めたその用紙をうさぎさんのお腹に心を込めて詰め込み、

うさぎさん痛くないのかなー(´∩ω∩`)
なんて思いながら、頂いた丸いシールでうさぎさんのお腹に蓋をしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、うさぎさんの準備はこれで終わりではありません。

実はこの子にお名前を付けてあげなければならないのです。

そして、祇園さんが書き方の見本として書いていた『うさぴょん』がとっても可愛いこと可愛いこと( *´艸`)

まぁ、私命名のうさぎさんは、もちろんあのお名前ですけどね( *´艸`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:maru_maru4260:20180319212239j:image

命名、まる✨

かぁわぁいーいー(´∀`*)♡

なんか、もはやお連れしたい気分だったのですが、それではご利益がないため、泣く泣く大国主社へ奉納。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

拝殿に置かれた専用のトレーのようなものにこの子を置き、うさきざんを奉納した上で参拝。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うさぎのまるちゃんに願いを託し、続いて金比羅さんへ。

ここでも、舞台を観に行けることになったご報告とお礼、お友達やフォロワーさんたちと泥棒さんとのご縁を祈願✨✨

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後は伏見稲荷大社へ。

狐さんのお守り、願いが叶ったため返納するべきかと悩みましたが、舞台はまだ先のため、ひとまずご報告まで…ともうしばらく狐さんにお世話になることに致しました(´∀`*)

舞台が終わった頃改めてお礼に伺います、と告げ、またまたお友達やフォロワーさん、まるたーさんたちの祈願をしてきました(←しつこいw)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お礼参りに奔走しているうちにお昼過ぎになってしまい、やはり今回は嵐山へは行けないなぁと諦め、まるちゃんの地元へ◟(๑•͈ᴗ•͈)◞

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひとまず、何年かぶりに例の駄菓子屋さんへお邪魔してきました。

おばちゃん、相変わらず覚えていてくださいました(´∀`*)

が、先客もいらっしゃいましたし、やはりご高齢(見た目はとてもお若いですが)のため長居するのも負担かなぁと思い、顔だけ見に来たよーとおばちゃんが元気そうなのを確認してすぐ戻って来ました。

それでも、また来てなぁと優しく声をかけてくださいました(n´ω`n)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おばちゃんに久しぶりにお会いした後は再び駅の方へ戻り、まるちゃんが小さい頃よく行っていた神社さんへ。

まるちゃんをずーっと見守っていて下さい

とお参りして来ました(´∀`*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで色々と巡っていたら飛行機の時間が近づいてきたため、今回の旅はここで終了。

鈴虫寺と、住吉大社、お友達さんがお守りを下さった東京の赤羽八幡へは舞台が終わった頃に、改めてお礼参りに行かせて頂こうと思います(´∀`*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに今回、小さな春を見つけたので、おすそわけ(n´ω`n)

早く春が来ないかな〜🌸🌼

f:id:maru_maru4260:20180319233246j:image

京都旅 2.24

土曜日のこの日は、まずテレビの中のリアルタイムまるちゃんにおはようのご挨拶♡(ؔᵒ̶̷ᵕؔᵒ̷̶)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:maru_maru4260:20180319005303j:image

パーマあてたの?

可愛いねぇ(´∀`*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:maru_maru4260:20180319005329j:image

まるやま画伯、今日イチのプラス( *´艸`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:maru_maru4260:20180319005341j:image

ミョウン(´∀`*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:maru_maru4260:20180319005351j:image

可愛いなぁ…♡(ؔᵒ̶̷ᵕؔᵒ̷̶)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、ニヤニヤしながらサタプラを見た後、目的地へ出発。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

着いたのは、いつものお決まりの場所( *´艸`)

f:id:maru_maru4260:20180307051134j:image

※階段前のお写真は今回撮っていないので、以前撮った写真の中から載せています( ¨̮ )

季節感皆無です(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土曜日なのでかなり並ぶ覚悟で行きましたが思ったほどではなく、うまくいけば今入っている参拝客と入れ替わりですぐ入れるかなぁ…といったところでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、30分も待たないうちに中へ入ることができました。

ありがたく説法を聞き、お札とお守りを頂き、いつものこの景色♡(ؔᵒ̶̷ᵕؔᵒ̷̶)

f:id:maru_maru4260:20180307050140j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもはこの景色を見ることが主たる目的のため、明確なお願い事はあまりしたことがないのですが、今回ばかりはがっつりとお祈りしました。

一般でも復活でもなんでもいいので、とにかくまるちゃんの舞台に一度だけでいいから行けますように✨

と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後は、一旦駅まで戻り、すぐにバスを乗り換え向かったのは、これまたいつもの場所(*´ω`*)

京都へ来たら一度はここへ来ないと…と思い、お邪魔して来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京都へ来た時のいつものまいぱわーすぽっとが、祇園さん、金比羅さん、大原方面、嵐山方面なので、時間があれば、可能な限りお邪魔しています(*´ω`*)

長期間でお休みが取れる時は、祇園界隈、大原方面、嵐山方面と、それぞれに丸一日を費やすのですが、今回は移動日を除いて中二日しかなく、さらには舞台に行けますように✨という祈願目的の旅だったので、大原さんまでは行けないかなぁ…と思っていました。

が、思いの外、鈴虫寺から早めに京都駅へ戻って来られたため、強行スケジュールで大原へ向かうことに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

到着したのは15時頃でしたが、閉門まではまだ少し時間があるため、まずは実光院へ。

実はこのお寺さんでお出し頂くお茶菓子が大好きでして…(´∀`*)ゞ

製造元のお店の名前を把握していないためこのお寺さんでしか購入できず、もちろん自宅用に購入いたしました( *´艸`)✨

※もちろん購入後、製造元のお店を忘れずにチェック致しまして、このブログを書きながら思い出したようにお店のHPにお邪魔してみたところ…

まさかのまるすばロケのお写真がHPに載ってました(´∀`*)♡

あまりの不意打ちに、只今心臓がドキドキしております(´∀`*)💗

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お抹茶を頂き、お庭を眺め、ホッと一息ついた後、宝泉院さんへ。

f:id:maru_maru4260:20180307050935j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

五葉松さんとお久しぶりのご対面。

f:id:maru_maru4260:20180307050542j:image

何やら療養中なのですかね?|ૂ•ㅿ•̀ )

白いものを塗られておりました…

五葉松さん、お元気ですか…??|ૂ•ㅿ•̀ )

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらでもお抹茶とお茶菓子を頂きながら、お庭を眺めて癒しのひととき。

色々とパワースポット巡りをして祈願をして来ましたが、やっぱりまるちゃんの舞台を観に行くことができない可能性もある、という悲しみを癒すべく、五葉松さんと対話。

力強い五葉松さんが慰めてくださったこともあり、少し心が落ち着いて来たので、仏様にお手を合わせ、

まるちゃんが健康に元気に、楽しく舞台を始めることができ、何事もなく無事に最後までやりきれますように。

とお願いをし、五葉松さんにも

どうぞお大事に…

と、お寺さんを後にしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰り際、いつぞやのまるの日のお写真をここでも再現…

しようと思いましたが、微調整するために出入り口付近で居座ることもなかなかできないので、そこそこのところでこれまた妥協しておきました(笑)

f:id:maru_maru4260:20180307050639j:image

f:id:maru_maru4260:20180307050707j:image

f:id:maru_maru4260:20180307050718j:image

でも、結構近いでしょ?( *´艸`)

あ、ちなみに2017年4月のまるの日です(´∀`*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、実光院の前でwithのアングル探し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:maru_maru4260:20180307050756j:image

多分、これが一番近いかなぁ…

この写真の、一番手前の石段のところにまるちゃんが写っているはずなのですが、要は私、当時のカメラマンさん目線なわけでして…

その距離の近いこと近いこと( *´艸`)

いや、実際目の前にまるちゃんがいるわけではないのですが、もはや幻覚が見えますよね(´∀`*)笑

あ〜、ここにまるちゃんが…

と思っただけでドキドキでした💕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中、もちろんこの木をパシャリ📷✨

f:id:maru_maru4260:20180307050851j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

再びバスに揺られて駅に到着した後、向かったのは、やはり例のラーメン屋さん(笑)

相変わらずの行列でしたが、結局並ぶことにしました。

外で並ぶこと約1時間。

結構頑張りました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頼んだのはまるちゃんと同じメニュー。

もちろん、ネギ多め( *´艸`)

f:id:maru_maru4260:20180307051029j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

凍えそうな体に熱々のラーメンは、沁みますね🍜✨

お味も変わらず、とっても美味でした!

まるちゃん、今でもここに来てるんだねぇ(´∀`*)💕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラーメンの後は、駅の中をぶらり。

明日は最終日だし、どこ行こうかな〜

祇園さんにお邪魔しましたのご挨拶をして、その後嵐山に行こうかな〜

なんて考えながらふらふら〜っとお店を歩いていると、突如お友達さんからご連絡が…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだチケット探してる?

1枚だったら譲れるんだけど、どうかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

びっくりしすぎて思考停止。

震える手でお友達へ、宜しくお願い申し上げたい旨を返信。

舞台に同行させて頂けることになりました( ・ᴗ・̥̥̥ )✨

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

千秋楽の当日券ギリギリまで粘る覚悟だったので、願いが叶っても叶わなくても、千秋楽が終わった後にお礼参りに伺う予定でした。

が!

まさか京都から帰る前に、京都にいるうちに叶ってしまうとは…( ・ᴗ・̥̥̥ )

あまりのご利益に、驚きと喜びと、感謝しかありませんでした( ・ᴗ・̥̥̥ )

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同行のお声掛けくださったお友達さんにはもちろんのこと、全滅で落ち込んでいた私に励ましの言葉をかけてくださった方々、わざわざお守りを購入し送ってくださったお友達さん、祈願した神社仏閣の神様仏様に、本当に感謝しかありません。

本当にありがとうございます( ・ᴗ・̥̥̥ )

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

沢山の神様や仏様が私の願いを叶えるべくご尽力くださったおかげと思い、これはすぐにでもお礼参りに行かなければ!!!と、明日の予定を変更。

お礼参りに行って参りまする(´∀`*)✨

京都旅 2.23

この日はまず、祇園さんへ向かい、いつも通りお邪魔しますのご挨拶をした後、前厄祓いのご祈祷をお願い致しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご祈祷が終了すると、なんとなく心も晴れ晴れ(*´ `*)✨

その後、毎回必ず訪れる金比羅さんへ。

私と同じく、まるちゃんの舞台が全滅だったお友達やフォロワーさん、多くのまるたーさんたちも含め、一度だけでいいので、まるちゃんの舞台を観に行くことができますように

とお参り。

まるちゃんの舞台とのご縁がありますように…との願いを込めて、縁切り縁結び碑をくぐりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後は、まるちゃんがまるの日で

たくさんの方の願いが叶って、

多くの方々の支えとなりますように

と、お祈りをしてくれた場所へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:maru_maru4260:20180307045848j:image

まずは本殿へ向かうべく鳥居をくぐります。

まるちゃんの舞台を一度だけでも観に行けますように…

と、願いを込めながら、一本一本鳥居をくぐり、本殿へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私と、お友達やフォロワーさん、多くのまるたーさんたちが一度だけでいいからまるちゃんの舞台を観に行くことができますように

と本殿でお参りをした後、おもかる石をやってみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

果たして、想像よりも軽かったのかどうかはさておき、思いの外ひょいっと持ち上げることができました✨

過去に何度かやったことがあるのですが、全く持ち上がりすらしないこともあったなか、今回は、確かに重いことに変わりはないのですが、思ったよりも簡単に持ち上げることができたため、叶うかなぁ〜と、ちょっと心が晴れて来て、ワクワクし始めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

狐さんのお守りと絵馬を購入し、お願い事を端的に明確に記入し、よろしくお願いします✨と、絵馬を本殿前に掛けました。

f:id:maru_maru4260:20180307042251j:image

 

 

 

 

 

 

そして、なんとなく、おみくじを引いてみることに。

すると、なんと!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:maru_maru4260:20180307042824j:image

大大吉!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めて見ました👀.✨

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

願いが叶う

と神様がおっしゃってくださったので、お守りを握りしめた状態で、再び本殿でお参り。

これから毎日、この狐さんの御神体にお祈りしよう、と心に決めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おみくじを引いたことで、神様にも慰めて頂き、だんだんと気持ちが前向きになりまして、なんとなく、まるちゃんの舞台に行けそうな気がして来ました(´∀`*)✨

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神社さんを後にした私が次に向かったのは、京阪の駅。

その途中に、この橋が出てくるんですね(´∀`*)

f:id:maru_maru4260:20180307042901j:image

まるちゃんが、まるの日に載せてくれた場所✨

これまた、こんな人通りの多いところで、しれっと写真なんか撮って…なんて思いながら、私もパシャリ📷✨

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに1ヶ月前、まるちゃんがここにいたんだ…と思うと、嬉しいような切ないような、不思議な感覚でした。

本当は、まるちゃんのお写真により近いアングルで撮りたかったのですが、車の往来もあり、あまりお邪魔になるとあれなので、そこそこのところで諦めて京阪に乗り込みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、京阪に揺られてどこへ向かったかと言いますと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住吉大社(*´ `*)✨

f:id:maru_maru4260:20180307045920j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わざわざ大阪まで来た理由は、実は、七彩守を新しくするため。

去年の冬ツアーの際、住吉大社で七彩守を新しくしたのですが、いつしか2本付いていたお守りさんが1本だけになってしまい、きっと、災いから守ってくださったために1本なくなったんだ…と解釈し、お礼参りと新しくお守りをお受けするために参拝しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ようやく、1年ぶりに新しいお守りさんを頂くことができまして、ホッとしました(´∀`*)

f:id:maru_maru4260:20180313072734j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、この住吉さん。

心願成就のお守り、ご存知ですか??👀.

 

 

 

 

住吉大社には、五所御前という、住吉大神が降臨したとされる場所があります。

そして、五大力さんというのは、仏教の中の、五人の明王のことなのですが、それぞれ守る方角が決まっているそうなんです。

なので、

体力

智力

財力

福力

寿力

の五つの力を授かると言われておりまして。

お守りにすれば心願成就のご神徳があると言われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまでは願い事があまり明確ではなかったため、以前頂いたこちらのお守りを一旦お返しし、新たにお受けすることにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

垣内の玉砂利から、『五』『大』『力』と書かれた石を探します。

私は、ひたすらまるちゃんの舞台に行けますように…と祈りながら3種類の石を探しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、午前中にご祈祷やら他の神社さんやらと巡っており、こちらに着いたのが既に15時過ぎでして、閉門の16時まであまり時間がありませんでした。

警備の方も、『あと10分で門閉めますよ〜!頑張ってくださいね〜』と、石を探す参拝客たちにエールを送ってくださいました(´∀`*)笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、なんとか三つとも石を見つけ、願いを込めながらお守り袋(本殿授与所で購入)へと入れ、お守りを頂くことができました。

f:id:maru_maru4260:20180307045029j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、近くのおもかる石のある神社さんへ。

もちろん、舞台に行けるようにお願いをしました。

結果、石の重さはあまり変わらなかった…というのが、正直な感想( *´艸`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただまぁ、重くはならなかったし、千秋楽までには叶うといいなぁ〜と思いながら神社さんを後にしました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

せっかく大阪へ来たのだから…

と次に向かったのは、こちら⸜(๑⃙⃘'ᵕ'๑⃙⃘)⸝⋆*

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちもちもちもち(´∩ω∩`)✨✨

f:id:maru_maru4260:20180307043056j:image

f:id:maru_maru4260:20180307043038j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グランフロント大阪パナソニックセンターにて、プレミアムもちもち営業部長の横山さんがもちもち営業活動中とあり、もちもちしに行って参りました(´∀`*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平日金曜とあってか、17時ではありましたがまだ、あまり人が多くなく横山部長の元には誰もおりませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラッキー👀.✨

と、そそくさと横山部長の元へ近寄り、まずは記者会見の様子をパシャリ📷✨

その後、横山部長にご挨拶(´∀`*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、森永の営業さん(横山さんの部下かしらw)が、

どうぞ触ってみてください〜

とおっしゃるので、何を思ったか、まずほっぺよりも先に頭をナデナデ( *´艸`)笑

そしてほっぺをつんつんとしてみました。

が、思ったより硬い…👀.‼️

おや??👀.

となりました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハイチュウと同じ硬さなんです、そのほっぺ

と言われ、なるほど!と。

あまり、手でハイチュウの感触を確かめることはないので、思いの外硬く感じました(笑)

が、まぁ、ハイチュウって言われればハイチュウですね( *´艸`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この人形は、身長も肩幅も全部横山さんのサイズをそのまま再現してるんですか??

とお尋ねすると、公式の身長そのままです!と。

ヒールを履いていたこともあってか、思いの外横山部長の目線が近いところにあり、ちょっとドキドキ💕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思ったより身長が高く感じない…

と呟くと、

昨日ちょっと膝が曲がってしまいまして…

もしかしたら1cmくらいは縮んでいるかもしれません

と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

横山部長、お膝を痛めてらっしゃるようです( *´艸`)笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、お顔の小ささよりも驚いたのが、肩幅とお手手の大きさ。

全体的にシュッとしてほっそりしたイメージだったので、思いの外肩幅がありがっしりしていることにびっくり👀.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ついつい、

これ、本当に頭部だけでなく、全体のサイズも彼と一緒なんですか?

と、同じ質問を繰り返してしまいました。

3Dで彼の周りをぐるぐると撮って、限りなく再現してます。

だそうで。

へぇ〜…肩幅こんなに広いんだぁ…(´∩ω∩`)💕

とニマニマ(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手も、こんな感じなんですか?結構大きいですね!

とお尋ねすると、

結構彼、手大きいですよ!

と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テレビやコンサートなどで遠目に見ている限りでは、これまたシュッと細長い指が綺麗だな〜という印象が強く、手が大きいというイメージはあまりなかったのですが、目の前で見ると体のバランスに対して思った以上に手が大きくてドキドキ(´∩ω∩`)💕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

触っていいですよ!色々

とおっしゃっていたので、肩もお手手も、全体を優しくそっとお触りして来ました( *´艸`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほかにいらしていた方もおらず、よこちゃんと並んだお写真も撮りたかったので、お写真をお願いしました。

f:id:maru_maru4260:20180315073410j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2枚ほど撮ってくださったのですが、

2枚目、ポーズ変えますか?

と聞かれ、写真に写り慣れていない私は、

はて…

と困った挙句、よこちゃんと腕を組んでみました( *´艸`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、

ほっぺつんつんしたり…

とアドバイスを頂き、つんつんさせて頂きました( *´艸`)💕

f:id:maru_maru4260:20180307043223j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

丁度写真を撮り終える頃に、もちもちしに2名ほどいらっしゃいまして。

営業さんにお礼を告げ、横山部長にもお疲れ様でした!お先に失礼します!とご挨拶をしてその場を後にしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時間もそこそこなので、そのままサクッと京都へ戻ることに。

この日も例のラーメン屋さんへチャレンジしようとお店へ向かったのですが、相変わらずの行列。

お腹も空いたので、駅でサッとご飯を済ませ、ホテルへ戻りました(*´ω`*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日は、あちらへ行ってまいります♡(ؔᵒ̶̷ᵕؔᵒ̷̶)

京都旅 2018.2.22

今年初の京都(*´ `*)

またもやお邪魔して来ました。

そして、相変わらず行く場所はお決まりの場所なので、まぁ、自分の日記的なものとして残しておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜勤明けのこの日、お昼前に地元を出発し、新幹線→飛行機を乗り継ぎ15時頃伊丹空港へ。

そこからバスで八条口へ向かい、京都へは16時過ぎに到着。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一旦ホテルへチェックインした後、京都駅へ向かい、先日まるちゃんがまるの日に載せてくれたラーメン屋さんへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆうちんと冒険していたあのラーメン屋さんです。

舞台の稽古の後、メンバーとよく来ていたとお話しされていたあのラーメン屋さんですね(*´ `*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あのお写真を見た瞬間、なみなみのラーメンから少しだけはみ出たどんぶりの絵柄で、2秒でこのお店だって分かりました🍜

それと同時に、今でも時々来ているということに、とってもびっくりしました👀.‼️

だって、あんなにたくさん人がいるのに、今でも時々通ってるの?!と驚いたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうです。

人が多いんです!

そんなわけで、この日も沢山のお客さんが列を成しておりまして、一旦諦めることに。

また次の機会に…ということで、この日はこれまたいつものカフェへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーナーさん、もう完全に覚えてくださって、いつもの席に通してくださいました(´∀`*)

メニュー、いつものなんやったっけ?

と、いつも食べるものまで思い出してくださいました✨

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜勤明けから移動のため、本日初めてのお食事🍴✨

お腹ペコペコで挑んだため、ペロリと完食😋

本当に、ここのお店のいつものこのメニューが、大好きなんです!

とっても美味しくて幸せでした(*´ `*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食後、紅茶を啜りながら、オーナーさんにまるちゃん主演の舞台『泥棒役者』のFC抽選に外れたことを軽〜く愚痴りまして(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えぇ…

FC先行、外れました(泣)

絶対に行く!と、行く気満々だったが故に、悲しみがひどくて…( ・ᴗ・̥̥̥ )

なかなか立ち直れず、今回、傷心の旅として京都へ来ることとなりました。

もちろん、傷心の心を癒す目的と、一般、復活等、どうにか一度だけでもまるちゃんの舞台を観に行けるようにと、祈願の目的もありました。

また、今年、再び前厄を迎えたため、祇園さんでお祓いをして頂き、鈴虫寺のお札を新しくお受けしようと、パワースポット巡りというか、私のパワー補充が主な目的です(´∀`*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなわけで、翌日からのお寺さん巡りに備えて、この日はご飯を食べた後早めに就寝。

おやすみなさい(´∀`*)