まるちゃんのえくぼ

まるちゃんにまるまるする日常

泥棒役者初日舞台挨拶

先日、ご協力くださった方々のおかげで奇跡的に当選し、初日舞台挨拶に行かせて頂きました(*´ `*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

せっかくなのでライブビューイングのチケットも取り、さらには急遽、友人の諸事情により同じ劇場の別の回の舞台挨拶にも入らせて頂くことになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまで舞台挨拶というものは一度も行ったことがなく(自担以外のものは極力行かないようにしているので)、まるちゃんの人生初の主演映画で初めて舞台挨拶に行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな舞台挨拶の様子を記憶に残しておきたいので、自分の記録用に書かせて頂きます。

もし不快に思われる方等いらっしゃいましたら、今すぐ逃げてください:;(∩´﹏`∩);:

一応、その回ごとにまとめてみましたが、色々間違っているかもしれません。

あくまで、どこかでこんなお話やエピソードがあったな〜というのをまとめたまでですので、悪しからず…(*´-`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11:55 TOHOシネマズ六本木

■ユースケさん提案でグレイシー一族で登場。

ユースケさんとまるちゃんはぐれる。

(監督-杏奈ちゃん-ユースケさん-まるちゃん-市村さん-光希ちゃん-大輔さんの並びで、左側から登場)

会場の後ろから登場し、通路の方々とハイタッチすると思っていたため、恥ずかしいからグレイシーをやりたいと言い出したユースケさん。

いざ始まったら、ステージ脇からの登場で、やる意味がなかった、と(笑)

ちなみに市村さん、舞台袖で練習までされたそうで(笑)

光希ちゃんが大輔さんの方に手を置くのを羨ましく思っていたユースケさん、杏奈ちゃんはなかなか肩に手を置いてくれず( *´艸`)

 

 

 

■印象的なシーンをそれぞれ。

まるちゃん→最後の坂道を駆け登っているときに則男に捕まり対峙するシーン。

絶妙な緊張感のある凄く良いシーンだった。

撮影裏話

外で待機している時、主役は風邪引いたらあかんからと、自分だけ車で待つよう言われたまるちゃん。その間、監督と宮川さんは仲良くおしゃべり。それをポツンと羨ましいな〜と思いながら車の中から眺めていたまるちゃん。

撮影後、絶妙な緊張感のあるシーンが撮れ、まるちゃんとしては、『あの時この緊張感を保つために僕だけ車に入っとけって言ったんですよね?あまり直前に仲良くしすぎると、どうしてもそういう仲の良い空気が隠しきれなくて見ている側に伝わってしまったら困るからっていう、そういう気遣いですよね?』と。

宮川さん:まる!ちゃうで!!

( ˊ.♡ ˋ*)えっ!?!!!←ビックリ

宮川さん:まるのモジャモジャが見られて目撃情報とかでネタバレしても困るし、もう面倒やから車にでも入っとけって…

( ˊ.♡ ˋ*)(ショックを受ける)

市村さん:聞かなければまるちゃんの中で綺麗な思い出で済んだのに…(笑)

( ˊ.♡ ˋ*)えぇ〜〜〜………(ショック)

 

 

 

■まるちゃんリクエストC&R

客席:この家のご主人ですか?

( ˊ.♡ ˋ*)そうですぅ〜

 

 

 

■ユースケさんC&R

客席:猫ひろし

ユースケさん:ポーツマスポーツマス

 

 

 

■ユースケさんが最終日に全員に配った太陽くんマスコット。

トイレに飾ってあるまるちゃん。

ユースケさん:トイレかぁ〜

私もそこ、気になった(笑)

 

 

 

■宮川さんの袖のボタンが外れ、落ちていたボタンを拾うまるちゃん

 

 

 

■ネット用のフォトセッション時一度はけていたまるちゃんがメディア用で再度登壇する時、落ちていた杏奈ちゃんのイヤリングを拾う。

 

 

 

■2回目の鑑賞をお勧め。

ユースケさん:よく見ると僕の肩越しに映ってはいけないものが…

子供の霊がずーっと写っていて…

( ˊ.♡ ˋ*)確認のためにもう一回見に行っても良いですね←

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

14:40 TOHOシネマズ新宿

■手繋ぎ横歩き入場

 

 

 

( ˊ.♡ ˋ*)感想をバーっと書いて拡散してください(パソコンカタカタ)

( ˊ.♡ ˋ*)でも、ユースケさんは傷つきやすいから、悪いことは書かないで!

ユースケさん:10良いことでも1悪いことあったらすぐ落ち込む。

 

 

 

■ユースケさんのお話

ユースケさん:俺ずっと蛇だった。

蛇かトカゲかしかいないじゃんあんな緑色の(笑)

顔も緑色に塗られて…

見たことないファンデーションの色だった!

監督:さらに映像で緑足してますからね

私:えっ??(笑)

( ˊ.♡ ˋ*)蛇だと思った人ー

観客:挙手

ユースケさん:トカゲだと思った人ー

観客:挙手

( ˊ.♡ ˋ*)両方あげてる人もいる(笑)

 

 

 

■市村さんの衣装の話

市村さん:まるちゃんオレンジ好きなんだってね。今日もちらほらオレンジを身につけている方が…

僕の衣装のコートがオレンジなのは、そういう意味もあるんでしょ?

監督:いえ、特に意味はないです。前園俊太郎は暖色で…

 

 

 

■前の回にいた方を覚えているまるちゃん。

( ˊ.♡ ˋ*)六本木にいた人もいる〜!覚えてますからね!!

 

 

 

ユースケさん:上映後だからネタバレ気にせず話しやすい。前だったら何にも話すことないんだから!!

 

 

 

■まるちゃんの首締めシーン

ユースケさん:大輔さんがあのシーン撮影する時、本当に首締めて良いですか?って…

大輔さん:言うか!(笑)

ユースケさん:ナイフのシーンも本物のナイフじゃないとやりませんて…

大輔さん:なんでや!(笑)

その舞台裏話。

以前、ストナイで首を絞められるシーンの練習で、元警察官の方が教えるのに実演されたけど、本当に首を絞められて、あと少しで落ちそうになったまるちゃん。
( ˊ.♡ ˋ*)大輔さんのは全然苦しくなくて優しかった(豪邸で首を絞められた時)
ヘッドロックされながら階段を駆け下りる時は、ちょっと痛かったけど、駆け下りるスピードが絶妙だった!うまかった!

大輔:せやろ?!うまいやろ!

 

 

 

■決め台詞

ユースケさん:僕のこの映画での決め台詞は「ポーツマスポーツマス
たくさん言っているので、何回言ったかみなさん数えてみてください。
大輔さん:1回も言うてへん
監督:全部カットした
ユースケさん:あれカットされたの??
( ˊ.♡ ˋ*)でもカットしきれなかった部分が「ポ」くらい入って…
( ˊ.♡ ˋ*)みなさん「ポ」がどこに入ってるか確認するためにももう一回観に行って…
市村さん:2回目観せたがるねー

大輔さん:入ってるわけないやろ

監督:入ってたら大変なことになるから(笑)綺麗にカットした(笑)

 

 

 

■やりたい役
まるちゃん→前園俊太郎
市村さんくらいの年齢になったら今度は自分が前園俊太郎を演じ、若い子が大貫はじめを演じるっていうふうに、代々続いていく感じ
ユースケさん:この年齢で前園俊太郎ですっ!のキレは凄いよ。
( ˊ.♡ ˋ*)このキレを出せるかどうか(笑)

ユースケさん→奥江里子(女装)
女装して奥さんをやりたい。
誰がどう見ても女装だってわかるのに、誰もそこには一切触れずに物語が進むという(笑)
その裏には深い事情があって(笑)
西田:監督演出をユースケさんがやったら?

 

杏奈ちゃん→則男

めちゃくちゃなことをしてみたい。

ちなみにあのシーンは、本当に怖かったそうです。

 

 

 

■はけるとき、他の共演者さんたちを先にはけさせ、舞台端に戻ってきたまるちゃん。
( ˊ.♡ ˋ*)まだ終わってない
観客:ニャー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

17:50 TOHOシネマズ新宿

■画用紙を持っている人を見つけたのか…

ユースケさん:あそこの横断幕持ってる人、「あなたを絶対に許さない」って書いてて…←お決まりの嘘w

( ˊ.♡ ˋ*)一瞬ここにいる人(出演者)たちみんな震え上がったよね(笑)

ひぇ〜〜って(笑)

※ちなみにですけど、まるちゃんを好きでいるが故にオレンジが好き(もしくは元からオレンジが好き)で、服とか小物をオレンジにしてしまうのは致し方ないと思っていますが、うちわ、ボード等の類は、コンサートではない舞台、映画などの会場ではマナー違反だと、個人的には思っています。

あと、舞台挨拶だけが目的で来られた方が途中退場、途中入場するのもマナー違反だと思っています。舞台挨拶は映画を観に来てくれた方へのご挨拶だと思っているので、舞台挨拶だけを見て帰るのはいかがなものかと…👀.

あれだけ西田監督の想いが詰まっていて、あんなに出演者の方々の想いが詰まった素敵な作品を、本編を見ずして舞台挨拶のみを見るというのは、私には理解できません。

よく堂々と監督や出演者達の前に座っていられるな…と思ってしまいました。

(舞台挨拶でのこういった話は、噂では聞いてはいましたが、まさかあそこまで多いとは思わず衝撃を受けたのです。ぐちぐち言ってすみません)

 

 

 

■イリュージョン

ユースケさん:嗚咽からの、タマちゃんをお口から出す(洋服の袖かどこかへ隠していたタマのマスコットをあたかも口から出したように)

ユースケさん:これで終わりじゃないんです!

みなさん、右ポケットを見てください。

呪文を唱えます。おひとりさま吉祥寺駅前!←謎

( ˊ.♡ ˋ*)わぁ!!びっくりした!!!(右のポッケからタマのマスコット)

全員のポッケから出てきました。

さらにユースケさん、大きなタマのぬいぐるみを産み落とす。

大輔さん:最初から前の方の人にはバレてるから(笑)背中の膨らみが異常やった(笑)

ユースケさん:お尻から出した←

その後のトークはタマちゃん(マスコット)と共に。

まるちゃんスーツの胸ポケットにタマちゃんを突っ込む(ちゃんとお手手を出してる)

他の共演者さんたちが話している間、その状態で右手でマイクを持ったまま腕組みをするから、自然とタマちゃんにマイクを向けてる状態になってて、死ぬほど可愛かった(タマちゃん込みのまるちゃんが)

 

 

 

■残り5分

( ˊ.♡ ˋ*)今席ついた2人、イリュージョン見てなかったから…

??:いやいや、時間ないから!!

イリュージョン①のみ披露

2人笑わず

( ˊ.♡ ˋ*)全然笑ってへん(笑)

 

 

 

市村さん:まるちゃんの家は女っ気がなくて男くさい。変な意味ではなく、しばらく人が来てないなっていう。

いい匂いは…しません(笑)

なので、みなさん安心してください(笑)

( ˊ.♡ ˋ*)臭いとか言わないで💦

 

 

 

■差し入れの話

最初は良かったけど、だんだん微妙になっていった(笑)

たこ焼き味プリッツ、お好み焼き味せんべいとか、乾き物になっていった。

差し入れが減っていないことを気にしていたことを杏奈ちゃんにバラされるまるちゃん。

( ˊ.♡ ˋ*)減ってへんなぁ〜って。

乾燥している現場に乾き物はあかんよね、と(笑)

 

 

 

■印象的なセリフ

ユースケさん:お前(美沙)は本当は俺の子だ←

( ˊ.♡ ˋ*)??💦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで、まるちゃん初主演映画の初日舞台挨拶が終了しました。

 

時々客席を置き去りに、壇上で自分たちだけで盛り上がってしまう泥棒役者の共演者さん達の空気が、eighterを置き去りに内輪ネタで盛り上がってしまう関ジャニ∞の空気と似ていて、とっても仲良しわちゃわちゃにほっこりしました(´∀`*)

市村さんのことイッチーとか呼んじゃうし、みんなはまるちゃんのこと"まる"とか"まるちゃん"て呼んでくれるし、共演者さん同士があんなに仲良しで素敵な雰囲気を醸し出しているこの作品が、まるちゃんの初の主演映画でよかったと、心から思います。

沢山の人に長く愛される続ける作品になりますように(´∀`*)💛

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映画本編の感想はまた、改めて書きますね。

(現時点で9回観ましたw)